手続きは大変

血液の入った注射器B型肝炎の給付金の支給手続きは、決して簡単ではありません。血液検査の結果も必要ですし、医療記録や母子手帳といった必要書類が何かを理解して用意していかなければいけません。一次感染者と二次感染者では、用意する書類に関しても違いがあるため、ここも理解していかなければいけないでしょう

書類を用意してから、国を相手にして国家賠償請求訴訟を提起することになります。流れはできているため、問題がなければ和解協議に入り、支給対象者であると認められることになれば、和解調書を取り交わします。ここから社会保険診療報酬支払基金に和解調書を提出して、請求したのちに支給されることになりますが、かなり面倒であることがわかるでしょう。実際にさまざまな知識がなければ進められないことも確かです。これほどの知識があれば、自力でも問題はないでしょう。

給付金は、病状によって変わってきます。それでもかなりの金額が支給されることになるため、訴訟を考える人は多いでしょう。実際に重度の場合や脂肪の場合には3600万円になりますし、無症候性キャリアといった状態でも600万円の支給がされています。これだけの金額の手続きをおこなうことを考えても、弁護士に依頼してスムーズに進めることがポイントになってくるでしょう。